読む(マンガなど)

【電子書籍】株主優待で電子書籍が購入できるサイトを調べてみます

株式雑誌の桐谷さんのオススメ株主優待に、「まんが王国」を運営している(株)ビーグリーが取りあげられていました。株主優待として、電子書籍が購入できる「まんが王国図書券」がもらえるようです。

それは素晴らしい、ということで、他にも株主優待で電子書籍が購入できるサイトはないか、ちょっと調べてみたいと思います。

Renta!

電子書籍の購入だけでなく、お安くレンタルできる「Renta!」です。

(株)パピレスが運営している電子書籍サイトになります。

パピレスの株式を保有することで、株主優待として「Renta!」で使用できるギフトカードがもらえます。

会社概要

会社名(株)パピレス
証券コード3641
業種分類情報・通信
市場名JASDAQスタンダード
上場年月日2010年6月23日
単元株数100株
事業内容電子書籍販売
電子書籍レンタル販売
電子書籍取次販売

株主優待

優待内容は以下になります。

権利確定日3月31日
優待獲得株数100株以上
優待内容11,000円(税込)のギフトカード
「Renta!」で利用可
贈呈時期6月下旬発送
有効期限翌年6月末まで有効

優待獲得株数が「100株以上」なので、優待目当てであれば、最低限の「100株」だけ購入すると、1年ごとに11,000円分の「Renta!」で利用できるギフトカードがもらえます。

購入時の株価にもよりますが、かなりお得だと思います。

ebookjapan(上場廃止)

※2022年 2月2日をもって「LINE Digital Frontier株式会社」との資本連携に伴い、上場廃止になってしまいました。そのため、株主優待もなくなっております。

Yahoo! JAPANと提携していてる「ebookjapan」です。Yahoo!のメニューにリンクがあるので、個人的には、お気に入りな電子書籍サイトです。

(株)イーブックイニシアティブジャパンが運営しています。名前がそのままですね。

会社概要

会社名(株)イーブックイニシアティブジャパン
証券コード3658
業種分類情報・通信
市場名東証1部
上場年月日2011年10月28日
単元株数100株
事業内容コンテンツの電子化及び配信サービス
電子コンテンツの企画開発及び制作
書籍、雑誌の編集及び出版
紙書籍オンライン販売サービス

全然知らなかったのですが、2011年にすでに上場していたようです。これからは、株価を定期的にチェックしていきたいと思います。

株主優待

優待内容は以下になります。

権利確定日3月31日
優待獲得株数100株以上~
優待内容クーポン 1,100円相当~
贈呈時期毎年7月上旬の発送を予定
有効期限提供後6ヶ月

株主優待は、所有株式数と保有年数により異なります。

所有株式数1年未満保有1年以上
3年未満保有
3年以上保有
100株以上 500株未満1,100円分2,200円分3,300円分
500株以上 2,000株未満2,200円分3,300円分4,400円分
2,000株未満3,300円分4,400円分5,500円分

所有株式数によって、もらえるクーポンの価格が異なっていますが、100株~2,000株の間で2,000円程度の差しかありません。正直なところ、優待目当ての場合は、100株だけの保有で良い気がします。

100株で3年所有すれば、3,300円分のクーポンがもらえるので、まあまあお得かなと思います。

まんが王国

今回の株主優待を調べるきっかけとなった「まんが王国」です。

株式雑誌の桐谷さんのオススメ株主優待に取り上げられていた、(株)ビーグリーが運営しています。

会社概要

会社名(株)ビーグリー
証券コード3981
業種分類情報・通信
市場名東証1部
上場年月日2017年3月17日
単元株数100株
事業内容コンテンツプラットフォーム事業

上場してまだ日が浅いようですが、従来の「100株で1,000ポイント」から「100株で10,000ポイント」に、株主優待が大幅に拡充したようです。

株主優待

優待内容は以下になります。

権利確定日12月31日
優待獲得株数100株~
優待内容『まんが王国図書券』 10,000ポイント~
贈呈時期毎年3月下旬に送付予定
ポイント引き換え期間発行年の4月1日から翌年の3月31日までの1年間。
有効期限付与された月の5か月後の月末

株主優待は、所有株式数により異なります。

所有株式数優待内容
100株~4,999株『まんが王国図書券』 10,000ポイント
5,000株以上『まんが王国図書券』 50,000ポイント

株主優待が目当ての場合は、100株の保有がベストだと思われます。仮に株価が1,500円だった場合、100株購入すると15万円になりますが、毎年1万円分のポイントが貰えてしまうという、とてもお得な優待です。

まんが王国

楽天Kobo

楽天グループの株式を保有していることで、電子書籍以外にも使える「楽天キャッシュ」がもらえます。

楽天グループだと電子書籍とい感じはしないのですが、株主優待の「楽天キャッシュ」が電子書籍にも使えるので、ご紹介させて頂きます。

会社概要

会社名楽天グループ(株)
証券コード4755
業種分類サービス業
市場名東証1部
上場年月日2000年4月19日
単元株数100株
事業内容インターネットサービス
フィンテック
モバイル 他

株主優待

優待内容は以下になります。

権利確定日12月31日
優待獲得株数100株~
優待内容楽天キャッシュ ¥500~
楽天トラベル 国内宿泊クーポン(1,500円)
申込期間①3月12日~4月15日
②4月16日~6月15日
付与期間①4月26日~5月1日(申込期間①で申し込んだ場合)
②6月28日~7月1日(申込期間②で申し込んだ場合)
利用期限①7月31日(申込期間①で申し込んだ場合)
②9月30日(申込期間②で申し込んだ場合)

株主優待は、保有株式数と保有期間により異なります。

保有株式数保有期間「楽天キャッシュ」付与額
100株(1単元)~① 5年未満
② 5年以上
① ¥500
② ¥1,000
1,000株(10単元)~① 5年未満
② 5年以上
① ¥1,000
② ¥1,500
5,000株(50単元)~① 5年未満
② 5年以上
① ¥1,500
② ¥2,000
10,000株(100単元)~① 5年未満
② 5年以上
① ¥500
② ¥2,500

電子書籍から離れてしまいますが、楽天グループは株主優待以外に配当金もあるので、ちょっとお得感があります(※配当金は会社の業績によります)。

100株の5年未満保有では、500円分の楽天キャッシュしかもらえません。気長に5年以上保有して、1,000円分の優待をもらうのも良いかもしれません。

BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERは、KADOKAWA(旧角川グループホールディングス)が運営しています。

KADOKAWAの株主優待は、複数ある株主優待から好きなものを選べるようです。

その中から BOOK☆WALKERで使える優待として、「BOOK☆WALKER GIFTカード」と「角川文庫・ラノベ読み放題コース 3か月分」が選べます。

会社概要

会社名(株)KADOKAWA
証券コード9468
業種分類情報・通信
市場名東証1部
上場年月日2014年10月1日
単元株数100株
事業内容出版、映像、ゲーム、Webサービス 他

株主優待

優待内容は以下になります。

権利確定日3月末
優待獲得株数100株以上
優待内容①書籍コース 書籍 3冊
②映像コース DVDまたはブルーレイ 1点
③ムビチケ前売券GIFTコース ムビチケ前売券GIFT(カードタイプ) 2枚セット
④BOOK☆WALKERコース BOOK☆WALKER GIFTカード 2枚セット
⑤角川文庫・ラノベ読み放題コース
 BOOK☆WALKERで使える角川文庫・ラノベ読み放題カード3ヵ月分 1枚
⑥新字源コース 角川新字源 改訂新版 1冊
⑦アニマリウムコース アニマリウム 1冊
⑧クッションコース テレビちゃんクッション 1点
発送期間毎年6月末発送予定

毎年3月末に100株以上、かつ、1年以上保有していないと株主優待がもらえません。

また、株式を3年以上保有した場合は、上記の優待内容に加えて、以下のいずれかが贈呈されます。

  • 書籍コース 書籍 2冊
  • ムビチケ前売券GIFTコース ムビチケ前売券GIFT(カードタイプ) 1枚
  • BOOK☆WALKERコース BOOK☆WALKER GIFTカード 1枚

ヤフオクなどで見てみると、BOOK☆WALKER GIFTカードは、1枚で1,500円に相当するようです。

1年間の所有で3,000円、3年以上保有で4,500円の優待がもらえると考えると、なかなかお得です。

まとめ

電子書籍の購入で使える株主優待について調べてみました。

株価にもよりますが、お得な優待も結構あったため、株の購入を検討していきたいと思いました。

特に「Renta!」を運営する「パピレス」と、「まんが王国」を運営する「ビーグリー」の株主優待は、とても魅力的でした。100株保有で、毎年10,000円分以上の株主優待がもらえるのは、かなりお得だと思います。

また、今回調べた企業様は、上場してからそこまで年数がたっていない印象でした。電子書籍の業界については、まだまだこれからの感じがしております。今後伸びていってくれると嬉しいな~、ぐらいの感覚で株主優待目当てで、100株だけでも保有してみようかなと考えております。

株主優待をもらうためには、必要な単元数の株式の購入と、決まった時期に所有している必要があります。

もちろん、株の価格は購入時よりも高くなることもあるし、低くなることもあります。優待目当てだけで購入して、優待でもらえる分より、株式で損するお金のほうが大きくなる可能性があります。

なので、十分に検討してから、株の購入をするように注意が必要です。とりあえずは、余剰資金があるときに100株だけ購入してみようかなと思いました。