買う

本棚からあふれた平積みのマンガ本を整理してみました

よく本棚に収納しきれないマンガ本や雑誌を平積みして床に直置きしてしまっている、片付けができないダメな大人です。ぶっちゃけ結構邪魔です。しかも、たまに足が当たって本がなだれを起こしたうえに、めちゃくちゃ痛いです。

「なんとかして下さい」ということで整理しようとしましたが、これ以上本棚を追加するには部屋の広さ的にちょっと難しく、いろいろと調べていたところ、天馬の「いれと庫」なるものを発見しました。

キレイに収納できるうえに、入れ物自体の縦積みも可能。

実際に購入してみて、とても使いやすかったので、まとめておこうと思います。

いれと庫 外観

いれと庫」は、本の重量に耐えられるくらい しっかりとしたプラスチックケースで、「ロック付きのふた」と「仕切り板」がついています。

フタは比較的しっかりとしていて、ケースが上に重ねられるような設計になっています。マンガ本が中に入った状態だとかなり重いですが、十分に耐えられそうです。

また、フタの両端にロックがついているので がっちりと閉めることができ、移動や引っ越しの際も安心です。仕切り板がついているので、収納物がバラバラになったり、倒れるのを防止します。

段ボールや不透明のケースでは、いちいちフタを開けて中身を確認する必要がありますが、クリアケースなのでマンガ本やゲームソフト、映画DVDなどのタイトルがひとめでわかり、探し物も見つけやすく とても便利です。

いれと庫に収納する

いれと庫は、収納物や収納数によって選べるように、多彩なサイズが用意されています。

それでは、本棚からあふれて平積みになっていたマンガ本や雑誌を 「いれと庫」に収納してみます。

コミック本いれと庫

まずは、一番使用数が多くなるだろうと思われる「コミック本いれと庫」です。製品の仕様では、コミック本が約26冊、大判コミック本が約22冊収納可能になっています。

本体サイズは以下になります。

【サイズ】
 外寸:幅17×奥行45×高さ20 cm
 内寸:幅13.5×奥行40×高さ18.5 cm

平積みされていたコミックを収納していきます。

ジャンプコミックスなどのサイズだと、手前側にちょっと隙間が空いてしまいます。傾けるとちょっと寄る感じです。

28冊収納することができました。結構入りましたね。本の厚さにもよりますが、大体仕様通りです。

次に大伴コミックを入れてみました。ケースにぴったりと本が収まり、いい感じです。
本の厚さにもよりますが、23冊入りました。こちらも大体仕様通りです。

収納スペースが余ってしまった場合は、付属の仕切り板を使用して固定します。マンガ本をいれて仕切り板を設置した状態で、ケースを斜めに傾けます。

本がしっかりとまとまり、そこに仕切り板がスライドしてくるので、このまま「ふた」をしてロックします。

仕切り板でしっかりと固定していないと 時間がたつにつれて本が広がってしまい、紙に癖がついてしまうので しっかりと固定できるのは、素晴らしいです。

オールクリアなケースに本を立てて収納するので、折れ曲がったりなどの心配もなく、タイトルがひと目でわかるので、とてもいい感じです。

ケースのふたをしてロックすることで、持ち運びもしやすく、本にほこりがかぶらないのが最高です。

また、いれと庫はケースを重ねることが出来るようになっているため、ちょっとした隙間に重ねて収納することが出来ます。

ケース3段重ね程度であれば、重量があるので比較的倒れずらいと思いますが、壁際に置くなどすると良いかもしれません。

家具のちょっとした隙間などのデッドスペースに、無駄なく収納できます。

コミック本いれと庫

DVDいれと庫

【サイズ】
 外寸:幅17.5×奥行45×高さ21 cm
 内寸:幅14.5×奥行39×高さ19.5 cm

特典DVD付きのマンガ本を収納するためにDVDいれと庫を購入してみました。

実際に収納してみると特典の箱ごとぴったりと収まりました。DVDだけのケースもぴったりと収まっています。

本棚だと横幅があるため場所を多くとってしまいますが、いれと庫だときれいに収納することができて、さらにクリアケースで入れたものが ひとめでわかるので、とてもいい感じです。

DVDいれと庫

A4雑誌いれと庫

【サイズ】
 外寸:幅18.5×奥行30.5×高さ32.5 cm
 内寸:幅15×奥行24×高さ30.7 cm

定期的に購入している雑誌の置き場がなく、とても困っていました。

雑誌は高さがあるため なかなかいい収納場所がなかったのですが、A4サイズが収納できる「いれと庫」は、とてもきれいにまとめて保管できるので、いい感じです。

A4雑誌いれと庫

A5コミック本いれと庫

【サイズ】
 外寸:幅17×奥行45×高さ20 cm
 内寸:幅13.5×奥行40×高さ18.5cm

A5判の本は、通常のマンガ本を収納する本棚では、高さが足りずに収納することができません。

かといってそこまでA5サイズのマンガ本を持っていないので、専用の本棚を買うほどでもなく、収納場所に困っていました。

A5コミック本いれと庫は、そんなかゆいところに手が届く素晴らしい製品です。

また、A5判の参考書なども同じ大きさなので、収納できます。

ただし、注意点があります。
「A5コミックいれと庫」は、大きいサイズの本がたくさん収納できるので、フルで入れると とても重いです。

A5コミックいれと庫

文庫本いれと庫

【サイズ】
 外寸:幅14.5×奥行45×高さ17 cm
 内寸:幅11.5×奥行40×高さ16 cm

文庫本は、比較的紙が柔らかく自立してくれないので、置き場所に困ってました。

文庫本のいれと庫もマンガ本と同様に、かなり便利です。

サイズも文庫本にぴったりで、ものすごい安定感があります。

文庫本いれと庫

いれと庫 種類

いれと庫は、ケースサイズがいろいろあり、CDやDVD、Blu-ray、ゲームソフト、文庫本、コミック本、雑誌など 様々なものが収納できます。

サイズは「幅×奥行×高さ」、単位は「cm」で表示しています。

コミック本
17×45×20

A4雑誌
18.5×30.5×32.5

文庫本
14.5×45×17

DVD
17.5×45×21

A5判コミック本
19.5×45×24

CD
17.5×45×15

ビデオ・新書
14.5×45×21

DVD(ライト)
17.5×30×21

CD(ライト)
17.5×30×15

コミック本(ワイド)
41×46.5×16.5

DVD(ワイド)
42.5×46.5×17

CD(ワイド)
29×46.5×18

まとめ

いれと庫」に平積みされていた本を収納してみました。

思ったより しっかりとした作りで、ケースの積み重ねもできるため、すっきりと片付けができたと思います。

サイズもいろいろあり A4雑誌がきれいに収納できたのが、一番ありがたかったかもしれません。

本棚を新しく設置する余裕がない場合や、押入れなどに本をしまう場合には、とても便利な入れ物だと思います。

百円均一の収納グッズと比べると若干値段が高いという点が、気になるところです。

結果としては、かなり満足のいく お買い物でした。

今回たくさんの本の片づけを行いましたが、結構な力仕事になってしまい大変でした。

本を購入する時点で どこに収納するか考えておかなければ・・・、反省です。

古本ではなく新品で本を購入する場合は、電子書籍も視野に入れていこうと本気で思ってきました。